THREE HUNDRED ABARTH Parts Brand

ABARTH Parts

Produced by DUKES


ありがとうございました!

ありがとうございました!

12月20日はTHREEHUNDRED meetingを富士スピードウェイで開催させて頂きました。
朝は綺麗な富士山も見えていたのですが、残念ながらその絶景も一瞬で生憎のお天気となってしまいましたが、事前にエントリー頂いたオーナー様全員にご参加頂き、急遽参加できるようになったオーナー様もいらっしゃり、24台のABARTHと2台のFIAT500、それにStaff側のABARTH2台で総勢28台ものファニーフェイスが揃いました☆
関東のオーナー様が半分以上でしたが、遠路はるばる中部や関西からもご参加頂き本当にありがとうございました。
色とりどりのABARTHがパドックに並ぶ姿を見ると、それだけでもニヤリとしてしまいますが、半分以上のABARTHがスポーツ走行枠で全開で走る姿は圧巻でした。

スリーハンドレッド アバルト

スリーハンドレッド アバルト

スリーハンドレッド アバルト

スリーハンドレッド アバルト

スリーハンドレッド アバルト

スリーハンドレッド アバルト

ワタシはイベント進行と自身のレースで朝からドタバタしてしまい、細かな配慮が行き届かず申し訳ありませんでした。
しかしながら、参加された半分以上のオーナー様とは「はじめまして」でしたが、同じ車に乗っているだけで昔から知っているかのような感覚になるのは何とも不思議です。

スポーツ走行では、20分の走行枠を2本走行して頂きました。
トラックのコンディションはウエット、路面温度も低くグリップがとても低い中、皆さんとても慎重に且つ上手に走行されていたのが印象に残りました。
本来ならばドライで思いっきり走って頂きたかったですが、ウェットはウエットで車の感覚をつかむ練習になりますし、ABARTHのESPはこういうコンディションでは威力を発揮し、よほどラフな事をしない限りスピンをしないので安心です。

スリーハンドレッド アバルト

スリーハンドレッド アバルト

スリーハンドレッド アバルト

スリーハンドレッド アバルト

お昼からは、先導車つきの体験走行を走って頂きました。
この走行枠はヘルメットやグローブ等は不要で、富士スピードウェイをどなたでも体験して頂けます。
グレード1規格の美しいサーキットは、はじめてコースインすると外から見るよりはるかに広いコース幅に、どこを走って良いか分からない程だと思います。
世界で最も長いストレートは、ドライであればABARTHでも200kmを超えます。
お天気が良ければ後半セクションの登り坂は富士山を見ながら走れ、その景色はとても絶景なんですが、生憎の雨だったので残念でした。
でも走行後の皆さんの笑顔は忘れられないものがありました。

スリーハンドレッド

2本目のスポーツ走行は、更にコンディションは悪化してしまいましたが、事故やトラブル無く全員が無事に走行を終えられたのは、参加されたオーナー様の意識がとても高かったからだと思います。
私自身のレースは、予選総合6位、決勝総合3位というなんとも中途半端な結果でしたが、開発中のOHLINSダンパーの挙動がヘビーウエットでも頗る良かったので、終始安定して走行する事が出来ました。
ワタシのレース結果についての独り言は、後程memberのページにUpしたいと思います。

イベント終了後には、全参加者の皆様に記念品のお土産と、少しでしたがTHREEHUNDRED商品が当たるじゃんけん大会をさせて頂きました。
今年の2月からTHREEHUNDREDを立ち上げさせて頂き今月で約10ヵ月が終わろうとしています、自分が思い描いていた展開よりはるかに早いスピードで物事が進み、こんなにも多くのオーナー様にお集まり頂けた事に心から感謝しています。
THREEHUNDREDのモットーである「どんな些細な事でもオーナー様の声に耳を傾け、それを具現化する」、全て具現化するにはワタシのスキルが足らない事もあると思うのですが、お聞きしたご要望には出来る限り対応させて頂きます。
何よりも私は大の車好きであり「自分が買うならこういう商品が欲しい!」という、実に自分勝手なブランド展開でTHREEHUNDREDを運営しておりますが、でもこの部分はクルマイジリには大切なセンサーなんではないかなと思っています。
最近気づいた事は、ABARTHオーナーにはワタシを上回るクルマ好きな方々がとても多く、ツーリングやミーティングを通じてその方々からパワーを頂き、頂いたパワーをブランド展開にチャッカリ生かさせて頂いています☆

2015年はもう少し活動の幅を広げて、日本各地てツーリングやミーティングが出来たらと思っています。
もし皆様のお近くでツーリングやミーティングが開催される事がございましたら、是非お気軽にご参加頂けたらと思います。
最後になりましたが、雨の中ご参加頂いたオーナー様とお連れ様、寒い中お手伝いをして頂いた運営スタッフさん、雨の中終日撮影をして頂いたオーナーのSさん、そしてご協力いただいた全ての皆様に、、、

「ありがとうございました!!!」

p.s.
画像が沢山ありますので、明日はTHREEHUNDRED meetingの雰囲気とオーナー様の走行画像を中心にお届け致します。

THREE HUNDRED アバルトParts

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »