THREE HUNDRED ABARTH Parts Brand

ABARTH Parts

Produced by DUKES


いつになっても忘れない

いつになっても忘れない

18歳で免許を取って、バイトしたお金は全てガソリン代と高速代に使い込んで、夜な夜な走りまわった思い出の時間。
車に興味の無い人からすれば「なにやってんだかなぁ・・」と思われるかもしれませんが、今となってはあの時に経験した感性がワタシにとってはとても大切な時間でした。

先日10年以上つきあいのあるクルマ仲間が4年ぶりにイタリア車に復活し、しかもABARTH500を購入したとの事で、夕食を食べ夜の街をお互いのABARTH500を乗り換えたりして走り回り、時間が過ぎるのをすっかり忘れるくらい夢中で車談義に花を咲かせてしまいました。
ワタシは約半年ぶりに乗るフルオリジナルのABARTH500の感覚に改めて感じるものがあり、友人はmyABARTH500のミナギルパワーと乗り易さに驚いていました。

アバルト カーボン

良いオッサンが夢中で車の話をして盛り上がる。
日中とは違う街の音と匂いを感じながら、ただただ車の事を語りあう時間の過ごし方も悪くないもんです。
少なくてもワタシは大好きです☆

THREE HUNDRED ABARTHパーツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »