THREE HUNDRED ABARTH Parts Brand

ABARTH Parts

Produced by DUKES


お待たせしました、新作登場です☆

お待たせしました、新作登場です☆

去年の夏頃からハラダに進めさせていただ今年のhoodie。
前作が思いの外好評で(笑)、今年も企画をしていたものの製品を生み出すというシゴトが未経験のカレ。
そりゃ簡単に上手くいくわけもなく、上役がボクですから(^^)v、仕上がりやコンセプトに対して口うるさい細かな事も言われ、工場さんと出来る出来ないの現実の板挟みになって辛かったと思います。

ヤマグチ的には細かな突っ込みどころはありますが、ハラダが考えるベストな作品という事なので量産にGOを出しました。
2018年も12月29日というド年末にサンプルがあがり、現物確認をしましたがなかなか良い仕上がりでしたのでTHESTOREに早速掲載させて頂きました(^_-)-☆

因みにボクが出した当初のコンセプトは、、、
寒い時期に軽いアウターとして着れて、アバルトから降りた時に少しはおれる素材感。
前回がシンプルテイストだったので、今回はサーキットやイベント会場なんかでも着れるTHREEHUNDRED色ギトギトでいこう!
でも真冬にローンチするのはやめてね。

というものでした。
ホボイメージ通りに作り上げてくれましたが、アウターでも着れるというコンセプトは、イメージするコストバランスに合うもボディがなかなか作り出せず、ボクたちが展開するには上代が高くなりすぎてしまうので、ここだけは急遽方向転換して、去年のhoodieより少し厚手の生地感で着地しました。
なので商品名もhoodie2019となりました。

■ THREEHUNDRRED cloTHing hoodie2019商品ページはコチラから

お待たせして申し訳ありませんでした。
下にシャツやニットなんか着て頂ければ、流石に真冬は寒いかもですがお使い頂ける幅は広いかと。
去年同様に生産数は少なめですので、是非早めにゲットして頂けたらと思います(^^ゞ

THREE HUNDRED アバルトParts

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »