THREE HUNDRED ABARTH Parts Brand

ABARTH Parts

Produced by DUKES


飽くなき追及は続く・・・

飽くなき追及は続く・・・

今日はABARTH 124 SpiderのTuning ECU Update Programの開発で終日現場作業でした。
Standard Dataはオールラウンダーで様々なシーンで乗りやすいセットアップになっています。
オリジナルDATAとの違いは、低・中回転のトルク感が増して、且つスロットルレスポンスも向上していますので、クルマ全体の軽快感が上がるという印象を受けて頂けると思います。
もう少し分かりやすく表現すると、ノーマルモードとスポーツモードの違いが、スポーツモードから更に上が出来るという感覚が近いと思います。

ABARTH 124 Spider ECU

そんなABARTH 124 SpiderのTuningECUですが、慣れると更に上が欲しくなるものです(^^)
また、ワインディングやサーキットで更なるパフォーマンスを追及するオーナー様向けに、現在Update Programを開発しています。
実は1年くらい前からズット挑戦していたのですが、なかなか上手くいかず四苦八苦していたのが現状です。
パワーを出そうとするといろんな制御が入ってしまい、ストリートでは凄く良くても、サーキットでゼンカイにすると急に遅くなるという謎の現象が・・・
この他にもいろいろありまして、半ば挫折しかけていました。

そんな一連の開発作業、今まではヤマグチのカンピューターでセットアップしていました。
しかし強力な助っ人が今はいます☆。
先日から導入したダイノパックで計測と実走行を相互に繰り返し、上手くいかない部分をひとつずつ潰していって、「今のところ」なんだかスゴイDATAが出来てしまった9月5日です。

ABARTH 124 Spider ECU
↑馬力を表すグラフです。
一番下のピンクのラインがオリジナルDATA。
グリーンがTuningECU、レッドがUpdate Program。

ABARTH 124 Spider ECU
↑トルクを表すグラフです。
一番下のピンクのラインがオリジナルDATA。
グリーンがTuningECU、レッドがUpdate Program。

先ほど東名高速を100kmほど走行してきましたが、ストリートでのフィーリングはキテマス☆
あとはサーキットで連続走行してどうか。

タノムッ!
コンドコソ、ウマクイッテクレ!!!

THREE HUNDRED アバルトParts

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »