THREE HUNDRED ABARTH Parts Brand

ABARTH Parts

Produced by DUKES


シャシダイでゼンカイ(^^ゞ

シャシダイでゼンカイ(^^ゞ

THREEHUNDREDのTuningECUは常に様々なTESTを行っています。
ただ、基本的には実走行がキホン。
デモカー3台で日本中を駆け回っていまして、そのフィードバックを常にDATAとして収集しています。
お買い物、渋滞、ワインディング、サーキット、様々なシーンで全部良いとこどりしたのがTHREEHUNDREDのTuningECUです。
特にゼンカイ部門は、ヤマグチが命削ってホンキで踏んでます(^^ゞ

因みにデモカー306は、ナラシも終わり、現在ダイナモ上でしごかれまくっています。
更なる高みを目指し、パワーとフィーリングへの飽くなき追及は終わりませぬ(^^ゞ

abarth124spider threehundred

abarth124spider threehundred

来週のTHREEHUNDRED Test Drive Day HAKONEで、いよいよアップデートプログラムを正式リリースします。
現在TuningECUをお使いいただいているオーナー様を対象としているプログラムになります。
THREEHUNDREDのオフィシャルイベントとTHREEHUNDRED Connect限定DATAでして、パフォーマンスを追及していますので当然万が一のリスクも伴うDATAです。
対面で商品の特性をご説明させて頂き、ご納得頂けたオーナー様にしかインストールできない商品になります。
車のコンディションが悪かったり、推奨しないパーツが装着されている個体にはインストール出来ませんので、現場でインストールをお断りする場合もある事をご理解ください。

IHIタービン ¥30,000-(税別)
ギャレットタービン ¥50,000-(税別)
※シリーズ4移行は全て¥50,000-(税別)

ミナサマがヨーク気にされている出力の計測。
これは気温や湿度、計測機械、計測する人、計測DATAをグラフに変換する人で、計測値が大きく前後します(最大と最小で50psくらい変わることもあります)
自社の計測値やトルクカーブを適正に判断するために先日ダイノパックを導入しました。
カタログ値や他社様の計測DATAと比較するのではなく、社内計測基準を設け、毎回同じ人間が計測した数値をオーナー様にお伝えする事にしました。

ただヤマグチの個人的な思いとしましては、200psだろうが250psだろうが、良いマップは良いです。
たとえピークパワーが出ていなくとも、タービンのピックアップが良かったり、低回転からビンビンのパワーバンドだったり、全体的に物凄い軽快感と一体感があったりするんです。
数字に左右されず、是非Test Drive DayやTHREEHUNDRED meetingなどでTHREEHUNDREDのパフォーマンスを体感して頂けたらと思います。
きっとニヤリとしていただけるハズ。

最近チョコチョコご要望ありますが、現車セッティングも行っています。
ここに関しましてはお気軽にお問い合わせを頂けたらと思います。

明日はツクバ2000でサークル活動ヨーイドン。
今週もワイドな298でゼンカイ。

押忍ッ。

THREE HUNDRED アバルトParts

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »