THREE HUNDRED ABARTH Parts Brand

ABARTH Parts

Produced by DUKES


こんな時代だからこそ紙ッ!!!

こんな時代だからこそ紙ッ!!!

最近の商品カタログは電子化が進み、ダウンロードカタログやDataで渡される事が多い気がします。

小学生や中学生のガキンチョ時代、モーターショーやオヤジに連れて行ってもらったディーラーさんで、好きなクルマのカタログをもらって、毎日穴があくほど見ていた昭和感が忘れらえなくて。
ホンダ本社で高嶺の花だったNSXのカタログを見せてもらった時、あの紙の手触りと美しいビジュアルに感激した事は今でも忘れません。

アバルト スリーハンドレッド

5月6日のTHREEHUNDRED meeting TSUKUBAでTHREEHUNDREDのカタログをお配りしようと思っています。
それもかなりホンキのヤツ。
昨日はその撮影で、早朝?深夜??26時に起きて洗車、27時にヤマジを迎えに行って、28時から撮影をスタートしました。
THREEHUNDREDが拘る「渋谷区」をテーマに、夕方までバッチリ撮影してきました。
というか久々のロケ、いろんなイメージが溢れ出てきてジブンが楽しかったからヨシッ(^^ゞ
キット、かならず、THREEHUNDREDの世界観をお伝えできるはず。

でも少々問題が。
今日は4月4日。
ホンバンは5月6日であります。
昨日撮影が終了。

間に合うか・・・

THREE HUNDRED アバルトParts

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »