THREE HUNDRED ABARTH Parts Brand

ABARTH Parts

Produced by DUKES


本年度の走り納め

本年度の走り納め

恒例になりつつある、年忘れサーキットの会。
ABARTH仲間と袖ケ浦フォレストレースウェイで走り納めをしてきました。
はじめましての方からいつもの方まで、朝からクルマ談議で盛り上がっているところ、ヤマグチは自分の走行準備そっちのけで黙々と珈琲を淹れてました(^^)

アバルト ブルーボトル

今回の走行はオシゴトです、タブン、キット・・・
仕様変更したサスペンションキットProのフィーリング確認、アタック用のTuningECUのテストがメインで、IHI最速伝説を作り上げるために細かなセットアップをしながらの走行です。

アバルト サーキット

仕様変更したダンパーの特性は非常に良い方向に向かっていて、ABARTH500系のアンダーステアも丁度良い感じで消えていて、フロントタイヤを使い込まなくても意のままに鼻先が反応します。
かといってリヤがブレークするようなピーキーな動きはないので、バランスはかなり良いところまで詰まってきました。
ただ相変わらずリヤからは作動音が消え切れていないのでここは年明けの課題です。

アバルト パフォーマンスパック

今回は3つの偶然が重なった595シリーズ4が一緒でした。
同じパフォーマンスパック、同じキイロ、偶然走行距離も1700km台という☆
デモカー305で来ていたらキイロ3台でした。

アバルト カーボンボンネット

今日の4輪走行枠は全て満車という大混雑なコース上でしたが30分2本を走行しました。
ヤマグチあまり袖ケ浦が上手でない事もあり、クルマのポテンシャルはかなりあるのですが、今日は上手くタイムを出せませんでした。
まずは1:19:500あたりを狙っていましたが、まだまだ修行がたりませぬ・・・

アバルト サーキット

試作のTuningECU DataはいろんなABARTHにインストールさせて頂き最後の動作検証をしています。
馬力やトルクの実数値より、タイムとデータロガーを元に本当に速いDataをコツコツ開発しています。
今日のDataは細かな詰めだったので走行での体感度は低くかったですが、データロガー上では2kmストレートスピードが上がりました。

今年も無事に走り納めが出来、その日の汚れはその日のうちに落とします。
コルサビアンコなes-02のお掃除はとても大変ですが、メチャクチャカッコイイのでヨシッ(^^ゞ

アバルト 洗車

帰宅してから猛烈に事務仕事をして今日中にはなんとか2017年の仕事納めが出来そうな予感です。
新年は3日に今年の初走りを富士スピードェイでしてきます。
先日のロガーと重ねて、どれだけ298が進化したかタノシミです♪

THREE HUNDRED アバルトParts

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »