THREE HUNDRED ABARTH Parts Brand

ABARTH Parts

Produced by DUKES


オーナー様インプレッション

オーナー様インプレッション

スミマセン、まだTHESTOREに商品ページをup出来ていないんですが、やってますABARTH 124 SpiderのTuningECU
オリジナルのモッサリした加速フィーリングを改善し、トップエンドまで伸びるDATAになっています。
ABARTH500/595系のようなキビキビ感で、痛快なFRスポーツを実現します☆

THREEHUNDRED meeting TSUKUBAの会場でテストインストールさせて頂き、スポーツ走行1本目はノーマルDATA、2本目をTuningECUを施工して走って頂きました。
そのパフォーマンスにご納得いただきまして、そのままご購入頂きました(^^ゞ
価格は¥150,000-と消費税になります、是非お気軽にお問い合わせ頂けたらと思います。

—————————————————————————-

THREE HUNDRED meeting TSUKUBA ありがとうございました

ABARTH124Spider(AT)に乗り換え
ノーマルでワインディングを楽しく走れれば良いやと
595Compから乗り換えたのですが

ワインディングを少しハイペースで走るとアクセルのツキや
キックダウンのもたつき、頭の中のスピード感と実速度の違和感が

確かに良いエンジンですがATだと低回転のトルクが細いのは
カバーしてくれますが全体的に線が細い印象があり普通

それなりに走れるので良いかと思っていたら
あるじゃないですかTHREEHUNDRED ECU Tuning for 124!

さっそく筑波のミーティングでテストインストール

アバルト 124スパイダー ECU

走行会にも申し込んでいたのでフィーリングの違いを確かめるべく
走行1回目はノーマル、2回目はインストール後で走ってみました

ノーマルではやはり一般のワインディングを走っているときと同じ
特にサーキットではアクセルのツキが特に悪く感じました
(山口さんの304に2回ラップされたかな 笑)

インストール後では、皆さん二回目でペースが上がったのか
腕もヘボなので追い越しラインには入れず走行ラインの前走車に
着いて走ることになりワインディングをイメージし
走行感を重視し確認をすることに…

パワーアップ感(170ps25.5kg→192ps29.1kg)は
サーキット上ではなかなか背中に感じることは鈍感で難しかったのですが、
アクセルのツキは格段に良いと感じましたし
各ギヤの伸びが良くなっているのを確認できました

ちなみに走行2回目チューニング後に駐車していた濡れた芝生から出る時
チューニング前によりアクセルワークがシビア(滑る)になったのと
燃調のせいでレコモンの排気音が少し野太くなっていましたね

これでますますワインディングをオープンエアーで( ̄ー ̄)ニヤリですね

—————————————————————————-

オーナー様、いつもありがとうございます。

THREE HUNDRED アバルトParts

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »