THREE HUNDRED ABARTH Parts Brand

ABARTH Parts

Produced by DUKES


オーナー様インプレッション

オーナー様インプレッション

es-02と、先月からデリバリーを開始したサスペンションキットご購入第一号のオーナー様よりインプレッションを頂きましたのでご紹介させて頂きます。
サスペンションキットは大好評頂いておりまして、ファーストロッドは瞬時に完売し、現在セカンドロッドも残りわずかとなってきました。
その販売の全てがTHREEHUNDRED connectのミスタータイヤマン三鷹という驚異の数字。
もはや店主のマツモトクンには頭が上がりませぬ(^^)
既に装着ノウハウかなりありますので、商品の事や取り付け工賃の事などお気軽にお問い合わせ頂けたらと思います。
もちろん全国のTHREEHUNDRED connectでも取り扱いありますので、お気軽にお問い合わせ頂けたらと思います。

ではドーゾ(^^ゞ

——————————————————————–

アバルトのメイクアップといえばTHREEHUNDREDです。

今回ご報告するのは、我が家の愛車アバルト595コンペテツィオーネ グルジオメタリコに装着したTHREEHUNDREDのホイールes-02と新しくリリースされた新型のサスペンションキットです。

<まずは、ホイールから>
es-02は、色やホイール(タイヤ)の張り出し具合のインセットをオーダーできると言う優れもの。他のどこにもないと思います。
色のオーダーについては、散々悩んだ結果、既存のグルジオ系より黒味と輝きを足してもらった色をチョイス。
他社さん(BB●)の色で設定のあったダイヤモンドブラックと言う色の近似色で注文しました。
張り出し具合も多少悩みましたが、車検を通ることを前提とし、ちょうどいい張りだし具合にというなんとも感覚的な話になり、わがままを言わせてもらいました。

THREEHUNDREDさんはこれに絶妙にこたえ、色は車体にベストマッチし、燻し銀のような光沢をはなち凄みを増した感じに仕上がりました。世の中でここにしかないという優越感にしたれる色です。

純正ホイールより、隙間が多いのでブレンボのキャリパーがより目立ちます。
信号待ちなどでは、隣の車の人の視線がタイヤやホイールに集中しているのがわかるくらいです。

走った感じは、乗り心地はオリジナルの感じのまま違和感がまったくありません。ハンドルの切れは小気味よく、向上した感があります。

<続いて新サスペンションキット>
まずとにかく素晴らしいの一言に尽きる車高になりました。
これも、あまり派手ではないように「大人の車高」と名づけましたが、個人的な意見ですが一番きれいに見える車高にしていただきました。もちろんもう少し落とそうと思えば落ちるようですが、満足な高さです。

アバルトの場合、出来合い(つるしの)車高調では、後ろが落ちにくいという話ですが、さすがこのNEWサスペンションキットの落ち幅は納得です。
肝心の乗り心地ですが、減衰調整は20段というどちらのオーナーにも対応可能なもので、私は推奨の13段目で乗っています。
街での段差も信じられないくらい滑らかで、車高を落としたからには乗り心地は劣るかなと思っていましたが、それはみごとに当たりませんでした。コンフォートそのものです。

また、高速でもロールも安定し車もぶれない感じで、チープな表現で申し訳ありませんが、高速でも吸い付き感があり安定していました。
今後、乗り味を変えたければエンジンルーム以内と後ろのトランク下のつまみをハードかソフトに回すだけで自分で出来ることから、いろいろ試して見たいと楽しみが増えました。
保証期間も1年と言うことでありアグレッシブなオーナーの対応もバッチリだなと思いました。

<まとめ>
当たり前というすごさに感動しました。
es-02もNEWサスペンションキットも、アバルトを研究し、アバルトに特化された製品ですから、ドンピシャに決まっているわけで当たり前と言えば当たり前です。
しかし、そこにはTHREEHUNDREDの心意気を感じる物で、違和感無くすっと入ってくる当たり前に感激しました。
私は、単なる物と言う製品を買ったのではなく、そこにある信頼とか心意気も一緒に手に入れた感じがします。
金額に多少抵抗は少々ありましたが(笑)、いまはつけて本当によかったと言うのが素直なインプレッション=評価です。

また、この成功には確かなショップとの関係が必要です。
ミスタータイヤマン三鷹店のマツモト店長さんの知識と技量に基づくアドバイスは安心して任せられました。
この場を借りて感謝申し上げます。

——————————————————————–

オーナー様、ありがとうございました。

THREE HUNDRED アバルトParts

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »