THREE HUNDRED ABARTH Parts Brand

ABARTH Parts

Produced by DUKES


製品

【New Release!!!】カーボンリヤリフレクターカバー 595(シリーズ4)

カーボンリヤリフレクターカバー 595(シリーズ4)

■ブランド名 THREE HUNDRED
■品番 THAB1042
■商品名 カーボンリヤリフレクターカバー
■価格 クリア塗装仕上げ ¥35,000-
■適合車種 ABARTH595(シリーズ4)

595(シリーズ4)のリヤバンパーのリフレクター部分に被せるカーボンリヤリフレクターカバー。
製品の形状もあり、綾織カーボンの折り目が特に美しく、装着前にお手元でニヤリと出来るこの商品。
リヤバンパーのワンポイントアクセントとしてもお勧めです。

プリプレグで成形された極薄の製品は、付属の両面テープで簡単に、且つ抜群のフィットでお取り付け頂けます。
クリア塗装で仕上げていますので、透明感のある美しい光沢も魅力です。

 

■ご注文方法 THESTOREからお買い求めください

LEDライセンスランプ

LEDライセンスランプ

■ブランド名 THREE HUNDRED
■品番 THAB3009
■商品名 LEDライセンスランプ
■適合車種 ABARTH500・500C・595・595C・695・595シリーズ4

ABARTHをLEDカスタム化していくなかで、最も気になるのがライセンスランプではないでしょうか?
蒼白の光が白いナンバーを照らすその雰囲気は美しいの一言です。

ABARTH500系に専用開発されたこの商品は、取り付けもノーマル球とそのまま入れ替えて頂く事で装着でき、配線に専用抵抗も取り付ける事で球切れ警告灯や残光などネガティブ要素はありません。
製品に入るTHREEHUNDREDのワンポイントロゴがそのハイクオリティの証です。

※本商品は2個1SETの価格で専用抵抗と取り付けキットが付属します。

■ご注文方法 THESTOREからお買い求めください

Tuning ECU 595(シリーズ4)

Tuning ECU 595(シリーズ4)

■ブランド名 THREE HUNDRED
■品番 THAB2207
■商品名 Tuning ECU
■適合車種 ABARTH595(シリーズ4)145PSモデル専用
■オーダーシートダウンロード Tunig ECU オーダーシート
※ECUを弊社にお送りいただく際、必ずオーダーシートに必要事項をご記入をいただき、ECUと合わせてお送りください。

これまで沢山のTuning DATAを、ストリート、ワインディング、高速道路、サーキット、お盆の東名渋滞50kmなどなど、いろいろなシーンで試し走行してきました。
デモカーのABARTH595は、毎日の移動手段として元気に都内を走り回っていますので、ABARTH OnlyのECU DATAをとことん追求する事が出来る環境が、他のECU DATAと大きく違う所かと思います。

THREE HUNDREDが理想とするECU DATAは、絶対的なパフォーマンスも大事なのですが、車全体が軽快に感じられて、ドライバーと一体感が生まれるようなフィーリングを目指してきました。
例えば街中をトロトロ走る時など、タービンがまわらないとドンクサイNAですが、その状態でもキビキビ走る事であったり。
タービンのピックアップを良くして実馬力よりも車全体が軽快に感じてもらえるようなフィーリングであったり。
ターボが効きはじめて、その加速感がターボなのに高回転域まで気持ちよく維持できる特性であったり。
でも実用車なので燃費は気になるし・・・。
パワーと燃費という、相反する難しい理想を追求しながら様々な道路を走り回り、全てが理想のバランスできたのがTHREE HUNDREDのTunig ECUだと思っています。
乗って頂ければ、その完成度の高さに数百メートルで気付いて頂けると思います。

計測数値は、全てノーマルのABARTH595をベースにしたDATAになります。
ご注文の際にはオーダーシートにお車の状態を出来るだけ細かくご記入いただき、オーダーシートを拝見させて頂いた上でDATAをインストールさせて頂きます。
※本商品はABARTH595(シリーズ4)145PSモデル専用となります。500、595は別途専用DATAをご用意しています。

■ Tuning ECU 計測DATA
・場所 スーパーオートバックス東雲
・天気 晴れ
・気温 24℃
———————–
最高出力 192ps/4970rpm
最大トルク 34.1kgm/3810rpm

3800rpmから5500rpmにかけて溢れるパワーが炸裂します。
タウンスピードでは2000~3000rpmあたりが実用回転数だと思います、そのレンジから一つシフトダウンし、アクセルに力を込めるれば途方もない加速力でレブリミットまで一気に吹け上がります。

あらゆるシーンで扱いやすく、ここぞという時の瞬発力を兼ね備え、セーブすればスタンダード並みのエコロジー。
丁度良いバランスのECU DATA、THREE HUNDREDが自信を持ってデリバリーさせて頂きます。
ご不明な点やご心配事等ございましたら、 contact@threehundred.jp へお気軽にお問い合わせ頂けたらと思います。

■ ECU書き換えの手順
・車両からECUを取り外し、オーダーシートに必要事項をご記入頂き、弊社に元払いにてお送りください。
・ECUが正常である事を弊社で確認し、Tuning Dataを書き込みます。
・Dataの書き込み施工が終わりましたら、元払いにてお客様にご返送致します。
※通常弊社にECUが到着して中3日でECUをご返送させて頂きます。

■ 保証と必ずご確認いただきたい事
製品保証はTunig ECUをインストールした日から1年間となります。
ディーラー等のサービスアップデートでノーマルに戻ってしまった場合、保証期間中1回に限り無償で再施工させていただきます。
それ以降の再インストールにつきましては別途施工費用をいただきます。(要お見積)

Tuning ECUは車両の限界性能を狙うようなセッティングは行っていません。
通常使用では十分なキャパシティを確保した上で開発を行っていますが、Tuning ECUインストール後の使用過程におけるエンジン、各センサーなどの故障による不具合は保証の対象とはなりません。
使用過程におけるチェックランプの点灯、エンジントラブルやブロー、駆動系やトランスミッションの故障や不具合、クラッチのすべりや破損、各ホースの破裂やタービンの焼き付きや破損、ブレーキの不具合などについても保証の対象とはなりません。

 

■ご注文方法 THESTOREからお買い求めください

THREEHUNDRED カーボンディフューザー ABARTH 124 Spider

■ブランド名 THREE HUNDRED
■品番 THAB7009
■商品名 カーボンディフューザー
■適合車種 ABARTH 124 Spider
■販売価格 ¥198,000-(税抜定価)
■ご注文方法 THESTOREからお買い求めくださいシンプルにド迫力。これがディフューザーをデザインする際のポイントでした。
500系のディフューザーと比べるとプリプレグを4倍もの数でパターン取りをして、倍以上の工数で仕上げています。
THREEHUNDREDが誇る圧倒的なクオリティ、フィッティング、そしてドライカーボンならではの超軽量に、ニヤリとして頂けると思います。オリジナルのバンパーから12mm後方に伸びたディティールはまさにド迫力。
ABARTH 124 Spiderという車両キャラクターを考え、あえて攻めたデザインを採用しています。
フィン形状もオリジナルの少しドンヨリした形状からシャープなもに変更しています。取り付けはオリジナルのディフューザーに被せるタイプですが、印象を大きく変えられるパーツに仕上がったと思います。
付属の両面テープとタッピングビスで簡単に取り付けが出来、製品はドライカーボンを引き立たせる美しいクリア塗装仕上げとなります。
デモカーのかなり低い車高で、一般的な輪留めはギリギリかわします。

※画像のマフラーカッターは付属しません。

■ご注文方法 THESTOREからお買い求めください

THREEHUNDRED カーボンサイドスカート ABARTH 124 Spider

■ブランド名 THREE HUNDRED
■品番 THAB7008
■商品名 カーボンサイドスカート
■適合車種 ABARTH 124 Spider
■販売価格 ¥188,000-(税抜定価)
■ご注文方法 THESTOREからお買い求めください

オリジナルサイドスカート部にカーボンが被り、その下に整流板がつくシンプルな形状ですが、その中にも細々主張ありです。
美しいプリプレグの折り目はもちろん、製品が自然とボディに溶け込むようにオリジナルのキャラクターラインを拾っていたりします。

フロント側はほんの少しフェンダーアーチから製品が出て、リヤ側はフェンダーアーチと同寸です。
ここは今回拘ったデザインディティールであります。
製法もドライカーボンですのでウルトラライトウェイトです。

最低地上高は8mm程低くなりますが、一般的な使用には差し支えないクリアランスです。
別売りのフロントリップスポイラー、カーボンディフューザーを装着した際に、横からのラインも綺麗に揃うデザインとなっています。

付属の両面テープとタッピングビスで簡単に取り付けが出来、製品はドライカーボンを引き立たせる美しいクリア塗装仕上げとなります。

※価格は左右セットになります
※製品に画像のステッカーは含まれません

 

■ご注文方法 THESTOREからお買い求めください

THREEHUNDRED カーボンバンパーインサート フロント 595(シリーズ4)

■ブランド名 THREE HUNDRED
■品番 THAB1033
■商品名 カーボンバンパーインサート フロント
■価格 ¥30,000-
■適合車種 ABARTH595(シリーズ4)
■ご注文方法 THESTOREからお買い求めください

カーボンバンパーインサート(フロント)はリップスポイラー部の下に装着するワンポイント商品です。
オリジナルバンパーにワンポイントとして装着して頂いても良いですし、カーボンリップスポイラーと同時装着されると、より迫力のあるフェイスになります。

純正に被せるパーツではありますが、そこはTHREEHUNDREDのひと手間が加わり、若干形状の変更と全長が3mmほど伸びています。
取り付けはボディ側のビスを流用し、簡単に取り付けをして頂く事が出来ます。

※画像は別売りのカーボンフロントリップスポイラーを装着しています

 

■ご注文方法 THESTOREからお買い求めください

THREEHUNDRED カーボンバンパーインサート リヤ 595(シリーズ4)

■ブランド名 THREE HUNDRED
■品番 THAB1034
■商品名 カーボンバンパーインサート リヤ
■価格 ¥35,000-
■適合車種 ABARTH595(シリーズ4)
■ご注文方法 THESTOREからお買い求めください

カーボンバンパーインサート(リヤ)はリヤディフューザーに装着するワンポイント商品です。

純正に被せるパーツではありますが、そこはTHREEHUNDREDのひと手間が加わり、若干形状の変更と全長が5mmほど伸びています。
取り付けは付属の両面テープで簡単に取り付けをして頂く事が出来ます。

 

■ご注文方法 THESTOREからお買い求めください

THREEHUNDRED アライメントシム セッティング#2

■ブランド名 THREE HUNDRED
■品番 THAB2125
■商品名 アライメントシム セッティング#2
■適合車種 ABARTH500・595 ・695
■ご注文方法 THESTOREからお買い求めください

ABARTH500系のリヤはご存知の通りトーションビームというサスペンション形式。
アライメントの調整幅は実質ゼロでして、強いて言えば取付ボルトを全て緩めて、ボルト穴の余裕を使って角度をつけたい方向に押しながら締めていくという原始的な方法くらい。

アライメントシムはリヤハブとトーションビームの間に挟み込み、キャンバー角とトー角を調整する商品です。
単純にキャンバーやトーをつける斜めのシムをハブに挟み込むと取付ボルトに負荷がかかりますので、反対側にも補正プレートをいれて、ボルトの座りを適正値にして締め込む設定になっています。

アライメントの数値を変更する事で走りの印象が変わり、ABARTH500系ではホイールを外に出してきたり、215幅のタイヤを履くとフェンダーとタイヤが干渉するトラブルを軽減させる効果もあります。
スペーサー等で純正ホイールを外に出したい方にもオススメです。

セッティング#2を組み込むことで現状のアライメントに対して以下の数値を足す事が出来ます。
この数値はTHREEHUNDREDのサスペンションキットでワインディングやサーキットを走る際にベストなハンドリングをもたらすセッティングになっています。
全国のサーキットをデモカーで走り、リヤタイヤの使い方を少しだけ変えたくて、トー角は変えずにキャンバーだけ調整したく、いろいろやった結果がこの数値になります。
戦うABARTHオーナーにオススメのセットアップです。

THREEHUNDREDのアライメントシムは超々ジュラルミンからの削り出しに拘り、1/100という加工精度で限りなく左右差がでない設計と、狙った数値をしっかり数値化出来る加工精度を追求しました。

・キャンバー角 -1.0°
・トー角 ±0

地味なパーツですがいろいろな活用用途があるアライメントシム。
装着するのがもったいなくなるTHREEHUNDREDクオリティでお届けします。

※表記価格は4枚1SETのになります。

 

■ご注文方法 THESTOREからお買い求めください

THREEHUNDRED アライメントシム セッティング#1

■ブランド名 THREE HUNDRED
■品番 THAB2025
■商品名 アライメントシム セッティング#1
■適合車種 ABARTH500・595 ・695
■ご注文方法 THESTOREからお買い求めください

ABARTH500系のリヤはご存知の通りトーションビームというサスペンション形式。
アライメントの調整幅は実質ゼロでして、強いて言えば取付ボルトを全て緩めて、ボルト穴の余裕を使って角度をつけたい方向に押しながら締めていくという原始的な方法くらい。

アライメントシムはリヤハブとトーションビームの間に挟み込み、キャンバー角とトー角を調整する商品です。
単純にキャンバーやトーをつける斜めのシムをハブに挟み込むと取付ボルトに負荷がかかりますので、反対側にも補正プレートをいれて、ボルトの座りを適正値にして締め込む設定になっています。

アライメントの数値を変更する事で走りの印象が変わり、ABARTH500系ではホイールを外に出してきたり、215幅のタイヤを履くとフェンダーとタイヤが干渉するトラブルを軽減させる効果もあります。
スペーサー等で純正ホイールを外に出したい方にもオススメです。

セッティング#1を組み込むことで現状のアライメントに対して以下の数値を足す事が出来ます。
THREEHUNDREDのアライメントシムは超々ジュラルミンからの削り出しに拘り、1/100という加工精度で限りなく左右差がでない設計と、狙った数値をしっかり数値化出来る加工精度を追求しました。

・キャンバー角 -1.3°
・トー角 +0°05

地味なパーツですがいろいろな活用用途があるアライメントシム。
装着するのがもったいなくなるTHREEHUNDREDクオリティでお届けします。

※表記価格は4枚1SETのになります。

 

■ご注文方法 THESTOREからお買い求めください

THREEHUNDRED カーボンボンネット

■ブランド名 THREE HUNDRED
■品番 THAB1031/THAB1131
■商品名 カーボンボンネット
■価格 クリア塗装仕上げ ¥338,000-
塗装ベース ¥258,000-
■適合車種 ABARTH500・500C・595・695
■ご注文方法 THESTOREからお買い求めください

「空気を味方に!」

とにかくホンモノが作りたくて、本当に機能するボンネットが作りたくて、開発に没頭していたら2年という時間が経ちました。
ボンネット内温度が非常に高いABARTH500系、ターボは吸気温度が命であり、エンジンルームの冷却効率を上げる事でのパフォーマンスアップは絶大です。

昨今のボンネット内における空気の動きは非常に計算されていて、下手にいじるとあっという間に冷却効果を失い、ダウンフォースすら失います。
デモカーで日本各地のサーキットやワインディンを走り、都内の過酷な渋滞等でボンネット内温度と空気の動きを取り続けた結果が、今回デリバリーするカーボンボンネットのディティールになりました。

ボンネット中央の開口部は走行中に熱気が抜けると思われがちですが、微速時と停車時に絶大な放熱効果が期待できます。
走行中の熱気を抜くのはサイドダクトで、フロントバンパーの開口部から入った空気はエンジン周辺を通りバルクへット方向に流れ、ボンネットのサイドダクトから熱気が引き抜かれるイメージです。

製品は表も裏骨もプリプレグ(綾織・ドライカーボン)を採用し、完成品で2kgというウルトラライトウェイトを実現しています。
ダクトの裏には脱着式の蓋を装備していますので、雨に降られても水は雨除けから水抜き穴を伝ってフロント方向から排出されます。
通常走行時にはダクトに蓋をし、放熱は蓋に設けたスリットから熱気が抜けるロジックになっております。
ゼンカイ走行時にはダクトの蓋を外して頂ければ、大きな開口部となりますので冷却効果を期待できます。

調整式のストライカーを標準装備していますので、ボンネットピンの装着は不要ですし、チリ合わせも製品側で細かく可能です。
製品は塗装を前提とした「塗装ベース仕様」と「クリア塗装仕様」をご用意しています。
ご用途に応じてふたつの仕様からお選びください。

※塗装ベース仕様は塗装前提としています、必ず塗装を行ってからお使いください。

 

■ご注文方法 THESTOREからお買い求めください